福にゃん

猫っぽい犬と飼い主の日記

-----

--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

05-19

2016

なんとなくミッキーマウス

017_convert_20160519223157.jpg
福にゃんは小さい頃からオナカの弱い子でした。
だからよその子が食べてるわんこプレートとかバースデーケーキとか・・・
フード以外のものは・・・りんごとゆでたささみくらいだったかな?
それ以外のものはオナカを壊すと可哀想だとあげられなかった。

ここ数年はお散歩も行かないし、相変わらず留守番も多い。
投げたボールを持ってくるとかもっと楽しい事、ちゃんと教えてあげれば良かった。
「自立してる」と言われる福にゃんは猫気質のわんこになりました。

去年の6月脳腫瘍の疑いがあると言われ、
今年に入ってやたらと水を飲みおしっこをするので、
狂犬病予防接種と合わせ、年に1回の血液検査の時に先生に聞いてみました。

シニア犬だからもう注射はいいかなぁと思ってたけど・・・
先生は少し強めの口調でうたなくてもいいかなぁじゃなくて「うてないんです」。
そして脳腫瘍の影響であろうクッシング症候群の疑い。

10日後くらいに血液検査の結果がきて、肝数値に異常があり再検査。
やはりクッシングでした。

家庭の医学のようにネットを読みあさって不安はふくらむばかり。
「動物はね、先に死ぬんですよ」
「私は娘が3歳くらいから、お父さんは先に死ぬからねって言ってますよ」
毎日ペットの生き死に接している人ならではのその言葉は、
不安ばかりを先取りしているおかんに刺さりました。
「おかあさん、この子は今こんなに元気なんだから、そんな神経質にならないで」

放っておくとおかんの中のもうひとりのおかんが、
もっと美味しいもの食べさせてあげれば良かった(ここ数年オナカ壊してないので)
もっとたくさん遊んであげれば良かった。
この子はウチに来て本当にシアワセだったんだろうか?

後悔だらけなんです。

今週から薬を飲み始めてお水のガブ飲みもおしっこも減りました。
今更ながらほぼ毎晩「手作りごはん」をあげています。

福は元気です。





スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。