福にゃん

猫っぽい犬と飼い主の日記

-----

--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

05-30

2012

愛しき白く小さい箱

季節・時間問わずたいがいが寝ている福。
白目むいてるレム睡眠中の様子を撮ろうとカメラを向けるも、
ピント合わせの最初のピカ(わかります?)で、目が開いてしまい・・・
ほら、なんか、またいつもの(同じような)写真。

このしょ~もない安定感をぶちやぶりたい福おかんにラッコ犬・福、手強し。
002_convert_20120530204428.jpg

プロフィールどおり、福おかんは
B'zファンです。
(ケータイの着メロはGlory days♪)

福はダンナ大好きなおかげで、日々「帰るメール」の音がすると、
(ショートメールは全部ダンナだと思ってる。まぁ、99%そうだけど)
そそくさと玄関の方へ行きウロウロ。
「この白い小さい物からなんらか音がする=ダンナがらみ」
という図式が勝手に出来上がっているらしい。

フツーのメールの音でも、当然着メロでももれなく反応。
ダンナではないことを教えてもどこか疑いのまなざし。

いったいどこまで好きなんだ!っていうか、ふだん一緒にいる私の立場って・・・

今朝ベランダで毛布を干していたら、B'zの曲らしき音が。
「ひょっとしてケータイがなってる?」と思って中に入ると、
野生ペンギンの素早い泳ぎが映るテレビからのultra soul♪(世界水泳のヤツね)。

007_convert_20120530204613.jpg

低血圧ゆえ?2~3秒ポカンとしていた私の足元に、
同じような雰囲気をかもしだし、うろつくケモノ(毛物)の影が。

「私も今ケータイかと思った!これultra soul♪だよ。全然違うのにね~。」
自分への言い訳に、ど~でもいい情報をわざわざ飼い犬にするイタイ主婦。
005_convert_20120530204710.jpg

ダンナ好きにしろ私の影響?にしろ、どっちにしろ「ツウ」な福に感心感心。
タブン、稲葉さんのハイトーンボイスは、性能が良すぎる犬の耳にはキツイのかも?
でも、どっちにしろどっちもスゴイのね。
スポンサーサイト

05-18

2012

Okan's Note(抗う)

先週日曜日、福の採血に行ってきました。
院長先生のおかげで、無事1発でOK。
福は相変わらずピクリともせず、最後まで固まりきってました。

009_convert_20120518225520.jpg

そうそう、去年のヘルニア騒動ですが、先生曰く、
ヘルニアは若いわんこの方がカラダが柔らかい分、重症化しやすいそうです。

その点、福は7歳をすぎ、症状もレベル1と軽度なので、
「もう心配いらないでしょうと言われました。
カラダ同様、椎間板もトシと共に固くなるので、骨の間から出にくいらしいのです。

なるほど!
そう考えるとトシもとってみるもんです。
福にはいつまでもギャル犬でいて欲しいから、そうは言ってもフクザツですけど。

福おかんも色んな意味であぶない?オンナですので、
世の奥様方と同様、できればトシはあまりとりたくない。
容赦ないですからね~、えげつないですからね~。
015_convert_20120518225135.jpg

生きている限り、だれもが平等にトシを取るのは当たり前で、
あ~!シワが、シミが、タルミが~と嘆いていてもいつか
あ~今日も1日元気で良かったって思えるようになる日がくるんですよねぇ。

見た目のわりには健康で、幸運な事に病気・入院・手術等に縁のない福おかんは、
もがきながらもとりあえず・・・まだアンチエイジング。

05-09

2012

ドクター☆キラー

あれ~!PCのプログラムが更新されてる~と思ったら、さぼってる間にかすかにFC2まで変わってる!!
これはマズイ!!!
なんか編集の書き込むトコの字の下の方(説明が必死)がビミョーに薄くなってるぞ?
プリンターのインクが足りないみたいなカンジ。

ん~、これが更新が遅い原因ですね(キッパリ?)。
おかげで今更な内容に・・・なりました、ホレ。
006_convert_20120506132531.jpg

GWの最終日、福の狂犬病の注射に行ってきました。
ついでにフィラリアの薬をもらおうと朝メシ抜き(血液検査のため)で行ったのに、
日頃のおこないか、機械の故障で血液検査ができないと。
仕方ないので、注射だけしてもらってスゴスゴ帰宅。

朝イチで行ったのに・・・(っても9時だけど)。


ダックスって血管がうねうねしてる犬種だそうです。
福は多毛でやりづらそう(なかなか地肌に辿りつかない)な上、
血管くねくね度が高いらしく、採血は毎回手こずります。

間違いなく獣医泣かせです。

右手→左手→後ろ足・・・とか、右手~(からの)一挙に首とか。
フロ入ったんかい?みたいなアルコールまみれの福。
いくら注射に強いとはいえ、手を変え足を変え?こうもぶすぶすと刺されると・・・

そ・れ・が、去年は偶然にも院長先生だったのです。
ここの院長先生は獣医的スーパードクターらしく、めったに診察してもらえないんです。
(予約がすごいらしい)
ただ、狂犬病で忙しい時期だったからか流れ作業的に?院長が回ってきた(回転寿司かっ)
のかもしれません。

福の手を持ってちょっとあれっ?ってカンジだったけど、
さすが院長、今までで最速、しかも最初の一発で即採血。
その鮮やかな手さばきに、私思わず拍手してしまいました。
「このコは若い獣医だと無理かもしれませんね。」
ニコリと微笑みドアの外へ去って行きました。

ヒトと同じ、あんま上手じゃない看護士さんにあたると、あとで腕がすんごいことになるみたいな・・・?

去年のリウマチ疑惑の診察の時、採血した副院長。
福の手を見るや相当ナーバスになってたけど、「ここにあるはずだ!」と気合で?
外野(飼い主)の野次にも負けず一発でOK!
ふぉ~、ちょっとしたギャンブル感。(不謹慎だ)
010_convert_20120509155113.jpg

そんな流れで、予約して行ったものの・・・。
そうそう、ダイエットの甲斐あってか福にゃん、見事に4,3㎏キープ。もうひといきです。

追伸:この病院はみんな良い先生・看護士さんばかりです。
   福は生まれてからずっとこの病院でお世話になってます。念のため。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。